【2/3(土)~4/15(日)】〔富山市郷土博物館〕企画展「最後の浮世絵師 尾竹国一」を開催します

 売薬版画は江戸時代以来、売薬進物として用いられた浮世絵版画です。

 明治23年頃に富山へ移り住んだ尾竹国一は、役者絵を中心に多数の作品を手がけ、明治時代の売薬版画を代表する絵師となりました。今回は、国一が描いた売薬版画を展示し、「最後の浮世絵師」とも呼べる、その仕事ぶりをご覧いただきます。


 ■開催期間

  平成30年2月3日(土)~4月15日(日)

  会期中の休館日 3月12日(月)


 ■開催場所

  富山市郷土博物館(富山城)

 ■観覧料

  大人210円(160円)、高校生以下無料

  ※(  )内は20名以上の団体料金


 ■展示解説会

  2月25日(日)、3月18日(日)、4月15日(日)

  各日14:00より

  申込不要・参加無料(観覧料が必要です)


 ■問い合わせ先

  富山市郷土博物館

  TEL:076-432-7911

101594_01.jpg