個人旅行者向け

Q ホタルイカの身投げはいつどこで見れますか?

A

「ホタルイカの身投げ」とは、ホタルイカが波打ち際に大量に打ち上げられる現象です。しかし、まだ謎が解明されていない為、この日、この時間に必ずみることができるといった現象ではありません。ただ、下記のように見やすいと言われる条件がありますのでご参考にしてください。

【見やすいといわれる条件】
時期:3月~5月頃
時間:深夜から未明にかけて
天候:Ⅰ.晴天で波が穏やかであること
   Ⅱ.満潮に近いこと
   Ⅲ.新月の前後であること(※2017年は4月26日(水)が新月) 等

場所:八重津浜海水浴場 MAP
   岩瀬浜海水浴場 MAP など

※但し、深夜になる為、安全面等の最善の注意並びに近隣住民の方にご迷惑をお掛けしないようお願いいたします。


Q Free Wi-Fi スポットを教えてください。

A

富山市内には、簡単な手続きで誰でも無料で利用可能な「TOYAMA Free Wi-Fi」スポットが27ヶ所あります。(H28.10.18現在)


概要や利用方法については、下記のURLを参考にしてください。
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1113/kj00015716.html


Q 富山駅周辺で荷物を預ける場所、コインロッカーはありますか。

A

富山駅周辺には、コインロッカー5か所、預かり所1か所があります。

101427_08.png


平成29年4月現在の状況です。

Q 立山連峰の眺望スポットを教えてください。

A
「立山あおぐ特等席。富山市」というキャッチフレーズがあるように、富山市内の各所で雄大な立山連峰を眺めることができます。

≪立山眺望スポット紹介サイト≫
「立山あおぐ特等席ページ」 「とやまねっとブログ特集ページ」

≪立山眺望予報サイト≫
「立山眺望予報」*立山の眺望の良さを確率で表現

≪LIVEカメラサイト≫
「立山映像ライブカメラ」(富山市観光ガイド)
「立山ライブカメラ」(北日本放送) 
「立山連峰ライブカメラ」(富山市立天文台) 
「室堂ライブカメラ」(立山黒部アルペンルート) 


立山連峰が綺麗に見える条件として、
1.靄や霧のない、晴れた日である
2.立山連峰よりも高いところ(標高3000m以上)に雲がある
3.空気中の塵や水蒸気量が少ない場合

といった気象条件が揃った日とも言われています。



Q 立山黒部アルペンルートの開通の時期はいつからですか?

A
2017年度の営業は4月15日(土)から11月30日を予定しております。
尚、雪の大壁の間を歩く『雪の大谷ウォーク』の期間は、2017年4月15日~6月22日(予定) です。
料金、所要時間、ダイヤ等につきましてはオフィシャルサイトをご覧ください。
 http://www.alpen-route.com/   


Q ブラックラーメンを食べれるお店を紹介してください。

A
富山市内にはブラックラーメンを提供しているお店がたくさんあります。
店ごとにスタイルや味が異なる「富山ブラック」を是非食べ比べしてみてください。
ブラックラーメン紹介ページ 、また「観光とやまねっとブログ」のブラックラーメン特集を参考にしてみてください。

※黒がブラックラーメンのお店

Q 冬(12月~2月)の富山市に旅行する際のアドバイスについて

A
【天気】
曇りや雪(雨)の日が多く、太平洋側に比べ日照時間が少なく湿度が高いです。
【降雪】
本格的な降雪は、12月下旬~2月中旬です。
【積雪】
1日に降る最大積雪量は29cm、最も積雪が多くなるときは50cmを超えることがあります。ただし、積もった雪は天候が和らぐと解け、降雪があるとまた積もるという繰り返しです。
【気温】
1月の平均気温は2.7℃、最低気温はマイナス0.1℃で、凍結や低温に対する注意が必要になる場合があります。ただ、気温に比べ最低気温はそれほど低くなることはなく、真冬日(最高気温0℃未満の日)になることはほぼありません。
【服装】
防寒着、コート、マフラー、手袋など ※携帯品として傘も必要です。
北陸の雪は、水分を多く含むため、衣服が濡れやすいので、撥水性の高い素材の上着をおススメします。
【履物】
長靴、防水性の高いブーツなど
スニーカーはすぐに濡れるため控えたほうがよいです。
【車】
冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)が必要です。車にスコップや雪を降ろすためのスノーブラシを準備してください。

(参考:初めて富山で冬を迎える方へパンフレットPDF

100995_01.jpg



Q 体験型観光を楽しめる場所はどこですか。

A

◎富山ガラス工房
富山市古沢152番地   Tel.076-436-2600
工房では、吹きガラスやアクセサリーなどの体験ができます。
・体験コース(吹きガラス・ペーパーウエイト)
・団体用体験コース(リサイクルサンドブラスト・オリジナルアクセサリー制作など)
※有料:事前予約が必要
(年末年始休館)
http://toyama-garasukobo.jp/experience/

◎梅かまミュージアム U-mei館
富山市水橋肘崎482-8 Tel.076-479-1850
工場見学及びオリジナルの細工かまぼこ作り体験ができます。
※有料:事前予約が必要
(体験コースの定休日)
日曜日 ・ 水曜日 ・ 祝日・8月11日~8月16日
年末繁忙期(11/20~12/31)・年始(1/1~1/7)
http://www.umekama.co.jp/contents/u_kannai.html

◎源ますのすしミュージアム
富山市南央町37-6 Tel.076-429-7400
工場見学及びますの寿司手作り体験ができます。
※有料:事前予約が必要
(年中無休)
http://www.minamoto.co.jp/museum

◎池田屋安兵衛商店
富山市堤町通り1-3-5
富山の売薬文化を学びながら、気軽に丸薬づくり体験ができます。
※無料:事前予約不要
(年中無休)
http://www.hangontan.co.jp/

他にもたくさんあります。詳細は「富山産業観光図鑑2016」を参考にしてみてください。