富山市滞在型・交流型観光ツアー補助金

<富山県内旅行事業者様限定>

富山市内での現地観光ツアーに対し、ツアー費用を助成します。

※令和3年度は、4月1日より受付開始しました。

「富山市滞在型・交流型観光ツアー補助金」の制度内容を見直し、下記の通り大幅に改正しました。(令和3年2月1日)

①昨今のコロナ禍の影響により少人数ツアーのニーズが高まってることや②富山市の宿泊者に滞在型ツアーを提供することで滞在時間を増やし経済効果を高めること、そして、③県内旅行会社の滞在型ツアーの新商品開発を促し、ツアーメニューを増やすことを目的に内容を見直したものです。

101727_18.png

101727_19.jpg
事業名 富山市滞在型・交流型観光ツアー補助金
対象 富山県内の旅行事業者
内容 富山市内での現地観光ツアーに対し、ツアー費用を助成します。
助成額 参加者1名につき1,000円を助成します。
対象条件 下記の6つの要件を全て満たす必要があります。

①県外からの参加者2名以上のツアーであること。
②富山市の体験メニュー(別紙1)を1つ以上組み入れたツアーであること。
③観光資源(別紙2)又は飲食店(別紙3)を2つ以上組み入れたツアーであること。
④富山市内のホテル、旅館等に宿泊する旅行客を対象としたツアーであること。
⑤2020年4月1日にはじまり、2021年3月14日までに終了するツアーであること。
⑥ツアー商品は、当該年度に開発した新商品(税込3,000円以上)であること。

【備考】
※①募集型・受注型企画旅行の別は問いません。
※③観光資源1つと飲食店1つで2つ以上という組み合わせでも可能です。
※④ツアーに宿泊の手配が含まれていなくてもかまいません。旅行客が直接宿泊施設を手配する場合は、ツアー当日に添乗員又はガイドが旅行客に宿泊のご確認をお願いします。(予約確認書や領収書等を確認し、様式第4号(記入例)を提出)
※⑤8月20日~9月3日の「おわら風の盆」の期間は対象外となります。
備 考 ・富山県や富山市の他の助成事業との重複はできません。
・1事業所(営業所・支店)につき、年間20万円が上限となります。
・年度の事業予算に達した時点で募集終了となります。
申請方法

<ツアー実施前>事前に助成金申請書(様式1)とツアー行程表を富山市観光協会に提出し、内容について審査を受けて頂きます。

※申請後にツアーの行程に変更が生じたり、ツアーが中止となった場合は、必ず事前に観光協会へご連絡ください。

<ツアー実施後>ツアー終了後、速やかに実績報告書及び請求書、ツアー行程表、立ち寄り証明書、参加者名簿など必要な添付書類を提出してください。
問い合わせ先 富山市観光協会 Tel 076-439-0800
ダウンロード

1.要綱

2.様式1~4 (様式4の記入例)

3.別紙1~3

※参考 参加者名簿様式(名簿の様式は問いません。)


100022_23.jpg 富山市観光協会組織概要  100022_24.png  Free WiFi TOYAMA とやま観光ナビ VISIT 富山県  100022_20.jpg 100022_14.png   100022_28.png 100022_25.jpg 100022_30.jpg 100022_35.png 100022_36.png